なぜ草の根バスケを盛り上げる必要があるのか?

こんにちは!
埼玉県久喜市で個人参加型の
エンジョイバスケットボールサークル「FC Active」
を運営している三浦です。

もし

バスケ好きな人はあなたが思っている以上にいる!

ということが分かったら、今後のバスケの伸びしろはまだまだある気がしませんか?

前回のブログで

日本のバスケを底から盛り上げたい

とお話しました。

読んでない人はこちらからどうぞ⇒バスケで人をつなぐ

でも

Bリーグとか大学バスケ、高校バスケみたいに、レベルが高いほうが盛り上がるじゃん?

と思う人が多いと思うんです。

まあ、確かにそうかもしれませんが…

今回はバスケを盛り上げるために、なんで日本の底から盛り上げる必要があるのか?

そんなお話をしていきます。

バスケをやっている人はどのくらいいる?

いきなりですが、世界ではバスケの競技人口はどのくらいいるでしょうか?

バスケ好きなら知ってて当然の質問ですね(笑)

何とその数は

約4億5000万人

しかも!

世界で一番多い

初めて知った人は意外だったかもしれませんね。

ちなみに、2番目はサッカーで約2億5000万人です。

お!バスケすげーじゃん!

て思ってもらえましたか?(笑)

日本は…

バスケの凄さを分かってもらった上で、(もっと他に凄いところなくない?(笑))

日本の現状を見てみましょう。

日本のバスケ競技者人口はというと

約60万人

日本の人口が約1億2590万人なので

少なくね?

と思った人もいるかもしれません。

ちなみに、サッカーは約87万人。

ただ、ここでいう「競技人口」は

「各スポーツ協会や連盟に登録している人数」

を指しています。

簡単に言うと、ガチンコでバスケをやっている人達ですね。

もちろん、中学や高校で大会に出ている子達なんかもこの人数の中に含まれています。

よくよく考えると…

さて、ここからが本題です!(じゃあ今までのはなんだったんだ?(笑))

バスケをやっている人、特にエンジョイバスケやバスケ好き同士が集まってやるようなバスケをやっている人なんかは

なんか違くね?

と思ったかもしれません。

その違和感は

もっとバスケやってる人はいるんじゃない?

という疑問です。

そこで、こんなデータがあります。

日本の総務省が5年に1回調査している統計データに

社会生活基本調査

というものがあります。

その中のデータからするとバスケの競技人口は

約486万人

え?すげー多いじゃん!

と思いましたよね?

でも、このデータは

「1年のうちに1回以上、趣味程度でもバスケをやったことがある人の人数」

なんです。

それなら普通かな?

と思いましたか?

たぶん、その感覚合ってます。

さっき感じた「もっとバスケやってる人はいるんじゃない?」という違和感の答えがこの数字なんだと思います。

草の根バスケプレーヤー

鋭い人はもう気づいているかもしれませんが、今までお話してきたことからすると

草バスケプレーヤーのほうが多いんじゃないか?

という疑問が出てきます。

大体の数字を出してみますね。

趣味程度でもバスケをやったことがある人の人数は

約486万人

各スポーツ協会や連盟に登録している人数、つまりガチンコでバスケやっている人の人数は

約60万人

その差は

約426万人

草バスケをやっている人達めちゃくちゃ多くないですか?

ガチンコでやっている人達の7倍以上もいるんですよ!?

たとえ、「友達に誘われてバスケやっただけで、それ以降は全くやってません」という人がいたとしても、この人数すごくないですか?

日本バスケの底の人達

実際の数字を見ると

草バスケやっている人達って多いんだな

って思いますよね?

それを頭に置いといてもらって、もう一つ考えて欲しいんです。

私が一番最初に話した

日本のバスケを底から盛り上げたい

というお話は、ここでつながってきます。

バスケを盛り上げるのはバスケをやっている人だけでしょうか?

違いますよね。

バスケをやっていなくてもバスケを見るのが好きな人っているはずです。

正確な人数は分かりませんが、Bリーグのブースターを思い出してもらえればその多さや、潜在人数が分かると思います。

そう考えると、「草バスケをやっている人」と「バスケを見るのが好きな人」を合わせた人数ってとんでもなく多いと思いませんか?

草バスケやっている人だけでも426万人なので、バスケを見るのが好きな人を合わせたら何人になるのか想像がつきません。

日本バスケの底を盛り上げる

こうやって考えてみると、草の根バスケ(勝手に名付けています)の可能性ってすごい。

ガチンコでやっている人達は、公式の協会や連盟の人達のおかげもあって最低限バスケを楽しめる環境が整っています。

でも草の根バスケを楽しもうと思っている人達はどうでしょうか?

・気軽に参加できるサークルやチームってどこにあるの?
・Bリーグってどうやって観戦するの?
・そもそもバスケのルール分からないから不安
・大人にもバスケを教えてくれるところはあるの?

こういった人達に教えてあげるのは、ほとんどが草の根でバスケでつながった人達です。

だから、草の根のバスケ好きな人達とのつながりが重要だし、今後バスケを盛り上げる可能性が一番高いのは草の根バスケの人達なんです。

FC Activeはそのひと助けになればと思っています。

FC Activeでは参加者はもちろん募集していますが、運営側として一緒にバスケを楽しんでいける仲間も募集しています。

日本のバスケを一緒に盛り上げていきませんか?

FC Active 代表 三浦

※本ブログ記載のデータは2020年5月30日時点のものです。

FC Activeに参加してみたい人はコチラ↓↓

FC Activeの活動に1度参加してみたいと思ってくれた人は下記のボタンから活動の内容や日程を確認してみてください↓↓

FC Activeをフォローしよう!