FC Activeが誰でも受け入れるわけ

こんにちは!
埼玉県久喜市で個人参加型の
エンジョイバスケットボールサークル「FC Active」
を運営している三浦です。

FC Activeは初心者~上級者、男女、年齢に関係なく参加できるバスケサークルです。

なんでこんなやり方をしてるのか?

「人数集めるためじゃないの?」

なんて言われそうですが、それには三浦なりの強い想いがあるんです。

お時間ある方、FC Activeに興味のある方に是非読んで欲しいです。

思い返せば…

FC Activeが「誰でも受け入れる」というやり方をしているのは、私自身の高校時代の経験にさかのぼります。

実を言うと私自身は高校バスケは2年くらいしかしていません。

高校2年でバスケ部を辞めたからです。

なぜ辞めたのか?それは…

部活内のイジメが原因でした

キッカケは些細なことだったと思います。

部活に行くと同級生から完全無視。

遠征に行く時も集合場所も教えられず、集合場所に着いてもいないも同然の扱い。

心はズタズタ…

いつも毎食ご飯大盛2杯食べていた私が、半盛も食べなくなっていました。

ちょうどその頃、中学の頃に完治したと思っていた病気が再発。

医者からはある程度気をつければ部活は続けられると言われていました。

ただ、私には続ける気力がありませんでした。

それからは病気を理由にして部活を休むようになりました。

病気が再発してから数週間後、医者から入院・手術が必要だと告げられました。

手術は高校2年の12月末。

術後の経過によっては最後のインターハイ予選に間に合うかどうか微妙なところ。

最後の大会出たかったなぁ…

高校では女子バスケ部の同級生とは仲が良かったので

「最後の大会には間に合うよね?」

と聞かれることがしばしばありました。

そんな時は本当に返事に困りました。

手術が無事終わり、医者からも運動していいと言われたのは3年生に進級したばかりの頃。

私は部活の顧問の先生に辞めることを伝えました。

もう私にはバスケ部に戻る気力はありませんでした。

それでもバスケは好きでした。

やることがなくなった放課後。

家に帰るとバスケットボールを持って近くの小学校へ。

校庭にあるリングで1人シュートを打っていました。

バスケをやる場所がない

部活を辞めると、バスケをやりたくてもやる場所がないことに気づきました。

当時はSNSもなく、簡単にサークルをつくることもできなかったので高校生が気軽に参加できる場所はありません。

ネットでも募集はクラブチームばかり。

ユニフォーム代や選手登録費用がかかるため、お金のない高校生が参加するのは厳しい。

外にバスケをやりに行くにも、リングが設置されている公園は全くと言っていいほどありません。

結局近くの小学校の校庭で1人でやるしかなかったんです。

前回書かせてもらいましたが、私は大学生になるとクラブチームやサークルに参加しますが、いろんな不満がありました。

これをきっかけにFC Activeの活動を開始していくのです。

前回の詳細はこちら→草バスケサークルが10年続く理由

誰でも受け入れるわけ

私自身、FC Activeの活動を始める以前は、自分自身がバスケをやる場所を探して路頭に迷う「バスケ難民」だったんです。

だから

・バスケがやりたくてもできない
1人でバスケットボールを手にしてリングに向かう
リバウンドはいないから自分で取りに行く
ひたすらドリブルの練習しかできない
お金はかけられない
毎週参加は厳しい
参加したら誰も相手してくれない

そんな気持ちや状況は

痛いほど経験してきました。

だから

そんな人たちがいたら

もっと気軽に参加していいんだよ

と言ってあげたい。

いろんな背景を持つ人達

FC Activeには今までいろんな人達に参加してもらいました。

・転勤で埼玉に来て一人ぼっちだった人

・コーチが嫌でミニバスを辞めてきた子

・障害のせいでクラブチームでいじめられバスケをやる場所を探していた人

・中学の部活が物足りなくて参加した子

・社会人からバスケを始める人

・強豪校の練習についていけずに部活を辞めてしまった子

・顧問の先生がバスケ未経験でまともな練習すらできなかった人

FC Activeは、ここには書ききれないくらいいろんな背景を持った人達の集まりです。

バスケが好き

「バスケが好き」

その気持ちさえあればFC Activeに参加する資格はあります。

初心者だろうが、上級者だろうが

小学生でも、60歳でも

男女関係なく

楽しくバスケやりませんか?

一度好きになったバスケを辞めてほしくない

小さな理由でバスケを諦めないでほしい

バスケをやる場所ならここにあるよ

と言い続けられる場所にしたい。

FC Active 代表 三浦

FC Activeに参加してみたい人はコチラ↓↓

FC Activeの活動に1度参加してみたいと思ってくれた人は下記のボタンから活動の内容や日程を確認してみてください↓↓

FC Activeをフォローしよう!