FC Activeで練習をやる理由

こんにちは!
埼玉県久喜市で個人参加型の
エンジョイバスケットボールサークル「FC Active」
を運営している三浦です。

FC Activeは

エンジョイバスケットボールサークル

です。

「エンジョイバスケ」と聞くと

・ただただゲームをやる
・技術レベルが低い人達の集まり
・練習はやらないし、大会にも出ない

なんてイメージする人が多いかもしれません。

ただ、FC Activeでは練習があります。

なんで練習やるの?

エンジョイバスケに参加した人なら自然とそんな疑問が出てくるかもしれません。

今回は、「FC Activeで練習をやる理由」についてお話していきます。

練習をやる・やらない以前に…

FC Activeの活動について、覚えておいてほしいことがあります。

FC Activeでは練習はやりますが、活動に参加するには

バスケの上手いや下手は関係ありません。

ましてや

上手い=偉い

わけではないし

下手=参加しないでほしい

ではありません。

FC Activeはエンジョイバスケなので、参加者自身がバスケを楽しめるように練習も、ゲームも参加してほしいんです。

そういう意味でも、初心者~上級者、男女、年齢関係なく、バスケが好きな人なら誰でも参加を歓迎しています。

バスケをやる理由

なんで、上手も、下手も関係ないのに練習をやるのか?

では逆に質問です。

あなたがバスケをやる理由はなんですか?

学生の頃にやっていたから?
運動不足を解消したいから?
たまたま近場でやってたから?

FC Activeがこの質問に答えるなら

バスケが好きだから

が答えです。

バスケが好きなら、上手くなりたいと思うのは当然だと思うんです。

バスケが好き
だから
バスケをやる

という人は、練習すら練習とも思わずに楽しみます。

でも

運動したい
だから
バスケをやる

という志向の人は練習しません。

「練習=きつい」と思ってしまうからです。

FC Activeに参加する人、特に練習に参加する人は本当にバスケが好きな人達が多いと思います。

練習に参加する人は、50代以上の人もいたり、帰宅部の子だったり、どのチームにも所属していない普通の社会人の人だったりします。

チームに所属しているとか
大会に参加する予定があるとか

練習のその先に何か目標があるわけではないのに練習するんです。

バスケが本当に好きな人なら

練習したい!

ではなくて

上手くなりたい!

と自然と思えてしまう。

だから人に言われなくても練習をやるんです。

大半の人達

エンジョイバスケ、特に最近主流になりつつあるエンジョイバスケでは

・人数が多い
・プレイタイムが短い
・そこそこ楽しめればOK
・疲れたら休んだり交代
する

というところが多い気がします。

それが悪いと言いたいわけではありません。

それって本当にバスケ好きなんだろうか?
大好きなバスケを長く続けられるんだろうか?

と疑問に思ってしまうんです。

本当にバスケが好きなら時間いっぱいまでプレーしたいし
何歳になっても好きなバスケをプレーしたいと思うはず。

「疲れたら休む」「とりあえず汗かく程度に運動する」では年齢と共に体力は落ちるいっぽう。

(エンジョイバスケで体力をつけたいと思っている人には意外かもしれませんが、エンジョイバスケ程度では体力の向上ではなくて、体力の維持くらいにしかなりません)

科学的なことを言えば、息が上がってハァハァ言うくらい自分を追い込まないと(さらに詳しく言えば心拍数を上げないと)体力はつきません。

もともとバスケはキツいスポーツだから長く続けるなら多少なりとも練習(自分を追い込む)ことは必要なんです。

でも大半のエンジョイバスケはそれがないし、大人で自分を追い込むことなんて運動習慣がある人でもない限りまずやらないんです。

FC Activeの根本にあるもの

FC Activeで練習する理由は、根本に

「バスケが好き」

という気持ちがあるから。

純粋にバスケが上手くなりたい
好きなバスケを長く続けたい
長く続けるために体力をつけたい

ただそれだけなんです。

心ではバスケが好き過ぎて、こんな風にプレーしたいとイメージしているのに、体が追いついていない。

だから「練習したい!」と思う。

FC Activeとしては

上手い必要はないし
下手のままでもいい

好きなバスケを好きなだけやれるようになることができればそれで十分。

だから

FC Activeでは練習をするんです。

長くプレーする人達

他のエンジョイバスケにもいるとは思うんですが、FC Activeにも50代の人もいるし、最年長は60歳の人もいます。

でもFC Activeに参加してくれているいわゆる高齢の人は、休みながらでも練習はするし、人によっては全部こなしていくんです。

20代の人達が脱落していく中でも淡々とです。

私も23年以上バスケをやっている中で、練習もこなして20代以上にガンガン動く50代以上の人達を何人も見てきました。

そういう人達は、大抵の場合、自分を追い込むし、練習を続けている。

そういう人達を見てきて、私も大好きなバスケを何歳になっても続けたいし、自分の周りにいるバスケが好きな人達がいつまでもプレーヤーでいて欲しいと思っています。

元々のエンジョイバスケ

12年前(これを書いているのは2021年)

私がエンジョイバスケサークルを始めた頃のいわゆるエンジョイバスケ(当時はエンジョイバスケという言葉すらありませんでした)では

・元クラブチームに所属していた人
・元実業団に所属していた人
・現役のクラブチーム選手

といったガチンコでやっていた人達と一緒に

・社会人からバスケを始めた全くの初心者の人
・学生の頃バスケをやっていたブランクありの人

という人達が一緒になって練習をしていました。

もちろん、女子も一緒です。

目標とする大会があるわけでもなく

強制なんてしていないにも関わらず練習をやるんです。

当時は初心者の人やブランクがある人達にとって、ガチンコ勢の人達のプレーを間近で見ることが普通でした。

そういった環境が普通にあったから、自然と「上手くなりたい!」「練習したい!」という気持ちが湧いてきたんだと思います。

「レベルが高いからイヤ」

ではなくて

「レベルが高いからそこまで行きたい!」

なんです。

寂しい環境

今では、エンジョイバスケに参加する人にクラブチームや実業団の人達はいません。

いたとしても1人くらいで、レベルの高いバスケを間近で気軽に見る機会が減りました。

その影響もあるのか、今あるエンジョイバスケは

・ただゲームを繰り返す
・練習どころかアップもない
・人数が多くてプレイタイムが短い

という内容がほとんどになりました。

それが悪いと言いたい訳ではありません。

それで十分、それが目的の人もいるのを知っているから。

ただ

最近のエンジョイバスケに参加する人達は

バスケが好き
だから
バスケをやる

という志向ではなくて

運動をしたい
だから
バスケをやる

という志向の人が増えてきている気がするんです。

だから本当にバスケが好きな私からしたら、ちょと悲しいし、寂しいんです。

バスケ好きが集まる場所

本当にバスケが好きでプレーをするなら


ディフェンスを抜くスキルをつけたい
シュートがもっと入るようになりたい
オフェンスを止めたい

もっと上手くなりたい!
何歳になってもバスケがやりたい!

と思うはずなんです。

5対5じゃなくても
3対3じゃなくても
1対1じゃなくても

リングとボールがあればいくらでもバスケをやっていられる。

FC Activeは、そんな人達が集まれる場所にしていきたいんです。

昨日の自分よりも…

だからFC Activeは

バスケ好きなら誰でも歓迎

練習したいなら時間をちゃんとつくって、練習をやりたい人達でやります。

バスケが大好きな人達が

いつまでもバスケをプレーし続けることができるように

目一杯バスケを楽しむことができるように

練習をやっています。

上手くなくていいです。
ミスしてもいいです。

昨日の自分よりちょっと上手くなったり

体力がついてちょっと自分に自信がつくだけでもいいんです。

FC Activeでは、体育館が使えるという限りある時間の中で、大好きなバスケを思う存分プレーしてほしいと思っています。

FC Active 代表 三浦

FC Activeでバスケやりませんか?

私が運営しているエンジョイバスケサークル「FC Active」では初心者~上級者、男女年齢に関係なくバスケを楽しんでいます。

参加したい!どんな感じなの?と思ったらサークルホームページを覗いてみてください☆

FC Activeのサークルホームページはこちら↓↓

FC Activeをフォローしよう!