FC Activeはバスケサークルじゃない??

こんにちは!
埼玉県久喜市で個人参加型の
エンジョイバスケットボールサークル「FC Active」
を運営している三浦です。

バスケサークルじゃなかったの??

なんて言われそうなタイトルですよね(笑)

私自身も最近

「FC Activeってバスケサークルじゃないんじゃないか?」

と、ふと思ったことがありました。

「じゃあ、FC Activeは何なんだ?」

と思いますよね?(笑)

それをこれからお話したいと思います。

是非最後まで読んでみてください。

FC Activeは・・・

FC Activeは

「バスケ初心者~上級者、男女、年齢関係なく参加できるエンジョイバスケットボールサークル」

です。

サークルを設立してからもう12年になります。

設立当初は「バスケ初心者~上級者、男女、年齢関係なく参加できるエンジョイバスケットボールサークル」として活動していましたが、最近は志向の種類の多さもあって、①初心者向けの活動②経験者向けの活動に分けて活動しています。

初心者と経験者に分けたとはいえ、経験者も①に参加できますし、初心者でも②に参加することができるので、設立当初と変わらず誰でも参加できるバスケサークルとして今現在も活動しています。

誰でも受け入れる

最近のバスケサークルでは

・初心者だけのサークル
・同年代の人限定
・経験者限定

など、参加する人を限定したサークルも増えていますが、FC Activeは誰でも参加できます。

「なんで誰でも参加可能なのか?」

それは、私自身の過去の経験が理由です。

学生の頃、バスケ部でイジメに遭い、私は部活を辞めました。
それでもバスケが好きだった私ですが、バスケをやる場所が身近になく、一人でバスケをやっていました。

私自身がバスケがやりたくてもできない「バスケ難民」だったからこそ、そんなバスケ難民をなくすために「誰でも参加できるバスケサークル」にしました。

詳しくは過去のブログを読んでみてください↓↓

過去ブログ⇒FC Activeが誰でも受け入れるわけ

参加してくれた人達

サークルを設立してから12年間。

FC Activeの活動に参加してくれた人達にはいろんな人がいます。

・転勤で埼玉に来て一人ぼっちだった人
・コーチが嫌でミニバスを辞めてきた子
・障害のせいでクラブチームでいじめられバスケをやる場所を探していた人
・部活が物足りなくて参加した子
・社会人からバスケを始める人
・強豪校の練習についていけずに部活を辞めてしまった子
・顧問の先生がバスケ未経験でまともな練習すらできなかった人

挙げればキリがないくらいです。

一見するとバラバラな人達ですが、共通点があります。

それは

「いろんな意味ではみ出した人達」

だということです。

はみ出した人達は、子供もだけでなく、大人も含まれます。

FC Activeは、はみ出した人達の「第3の場所」なのかもしれません。

バスケサークルだけど・・・

「FC Activeはバスケサークルなんだけど、バスケサークルじゃないような気がする」

最近ふと、そんなことを思いました。

FC Activeはクラブチームでもなければ、スクールでもありません。

だからこそ「はみ出した人達」が参加するのかもしれません。

なんというか・・・

「サークル」というより「駆け込み寺」

のうようなイメージが近いかもしれません。

FC Activeの活動に参加する理由も、直接聞いた訳ではありません。

一緒にバスケをしたり、何気ない話をしている時にポロっと話してくれるんです。

はみ出し者の居場所

学校では部活。

それ以外だとクラブチーム。

それでも、どこにもハマらない子はいます。

会社の同僚。

家族や友人。

いつもとは違う人達や空間に居たい時もあると思います。

コロナ禍の今、人によっては1日中誰とも話さない日があるかもしれない。

学校、会社、家族、友人でもない、それとは別の場所が必要な時ってあると思うんです

その場所がFC Activeになっているのかもしれません。

はみ出し者の駆け込み寺

参加する理由は言わなくてもいい。

下手でも大丈夫。

来たい時は歓迎するし

来たくない時は来なくてもいい

バスケがやりたいときはいつでもおいで

そう言える場所がFC Activeなのかもしれません。

FC Active 代表 三浦

FC Activeでバスケやりませんか?

私が運営しているエンジョイバスケサークル「FC Active」では初心者~上級者、男女年齢に関係なくバスケを楽しんでいます。

参加したい!どんな感じなの?と思ったらサークルホームページを覗いてみてください☆

FC Activeのサークルホームページはこちら↓↓

FC Activeをフォローしよう!